• <code id="mxxos"></code>
      <output id="mxxos"><track id="mxxos"></track></output>
      <ruby id="mxxos"><option id="mxxos"></option></ruby><tr id="mxxos"></tr>
        ?

        芥川龍之介の「鼻」と魯迅の「孔乙己」との較--人間性を中心に.docx

        資料分類:日語論文 上傳會員:韓教授 更新時間:2018-10-21
        需要金幣2000 個金幣 資料包括:完整論文 下載論文
        轉換比率:金額 X 10=金幣數量, 例100元=1000金幣 論文字數:10268
        折扣與優惠:團購最低可5折優惠 - 了解詳情 論文格式:Word格式(*.doc)

        要旨: 芥川龍之介は日本の代表的な作家で、「羅生門」を発表してから自殺するまで十數年の間に、百五十篇ぐらいの小説を発表した。日本、中國の古典文學から取材される作品が多く、人類が共通している人性についてしっかり表現している。

        芥川龍之介とほぼ同時に、中國では魯迅が代表的な作家と革命者として、「狂人日記」、「故郷」、「孔乙己」、「阿Q正伝」などの作品を出し、そして、現代中國語の発展を推進した。

        魯迅は日本で留學したことがあるから、日本文學の影響を深く受けている。1921年に初めに芥川龍之介の「鼻」、「羅生門」を翻訳した人は魯迅である。芥川龍之介も翻訳された自分の小説について魯迅に好評を與えた。具體的な作品から見ると、二人の作品には似ているところがたくさんある。先行研究にはほとんどは芥川龍之介と魯迅の作品の中にある心理描寫と創造風格の相違點について分析した。そして、魯迅の「故事新編」が芥川龍之介から何らかの影響を受けた可能性も十分に考えられる。

        だが、社會の暗闇と人間の醜悪について、ふたりの作品には共通しているが、魯迅の小説にある積極的な精神と人間性への希望は、芥川龍之介の作品と違う。本稿は二人にある時代背景と各自の人生経験を基づいて、芥川龍之介の「鼻」と魯迅の「孔乙己」を例をして、作品から出てきた人を人間性を中心に比較する。

        キーワード:芥川龍之介;魯迅;人間性;比較

         

        目次

        要旨

        中文摘要

        はじめに1  

        第一章  作者の生い立ちと小説のあらすじ2

        1.1芥川龍之介と魯迅との生い立ち2

        1.2「鼻」と「孔乙己」のあらすじ2

        第二章  創作方式4

        2.1小説の語り手4

        2.2 直接描寫と間接描寫4

        第三章  作品における人間性の相違點6

        3.1人間性の分析について6

             3.1.1主人公の人間性6

             3.1.2傍観者の人間性7

        3.2 人間性の暴露の目的8

        第四章  結末10

        4.1小説の結末10

        4.2作者の結末11

        終わりに12

        謝辭13

        參考文獻14

        相關論文資料:
        最新評論
        上傳會員 韓教授 對本文的描述:關于社會的陰暗和人類的丑陋這一點,二人有相通之處。但是,魯迅作品中所表現出來的積極的精神和對人性的希望與芥川龍之介的作品是有出入的。本稿以二人所在的時代背景和各自......
        發表評論 (我們特別支持正能量傳遞,您的參與就是我們最好的動力)
        注冊會員后發表精彩評論獎勵積分,積分可以換金幣,用于下載需要金幣的原創資料。
        您的昵稱: 驗證碼:
        ? 艳妇500篇短篇h系列,国产真实乱人偷精品视频,亚洲人成色777777精品,重口老熟七十路黑崎礼子
      1. <code id="mxxos"></code>
          <output id="mxxos"><track id="mxxos"></track></output>
          <ruby id="mxxos"><option id="mxxos"></option></ruby><tr id="mxxos"></tr>